> コラム > 続・日本文明誕生の地、奈良盆地の秘密 「桓武天皇の京都への脱出」編
日本文明を環境から解き明かす

続・日本文明誕生の地、奈良盆地の秘密 「桓武天皇の京都への脱出」編

奈良盆地で誕生した日本文明

024300-2

画像はイメージです

紀元前後、ユーラシア大陸からは次々と暴力の音が響き渡ってきた。九州に拠点を構えていた神武天皇一行は東に向かった。向かった場所は奈良盆地であった。
奈良盆地は安全、舟運、飲み水、エネルギーがそろった恵みの地であった。
西暦4世紀のころ、畿内の豪族達はこの恵みの地、奈良盆地に集結して大和統一政権を誕生させていった。
奈良盆地の湿地湖周辺で、飛鳥京、694年には藤原京、そして710年には平城京が次々と建設されていった。日本文明はこの奈良盆地で誕生していった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.