> コラム > なぜ、家康は江戸に帰ってしまったのか?―大油田の発見―
日本文明を環境から解き明かす

なぜ、家康は江戸に帰ってしまったのか?―大油田の発見―

戦国制覇のシンボル京都

1600年、関ケ原の戦いで西軍に勝った徳川家康は、朝廷から征夷大将軍の称号を得るため京都の二条城に入った。1603年に征夷大将軍の称号を受けると、即座に江戸に帰ってしまった。この江戸帰還が江戸幕府の開府となった。

なぜ、家康はあの不毛の地・江戸に帰ったのか?

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 96 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.