> コラム > 続・日本文明誕生の地、奈良盆地の秘密 「アイデンティティー京都誕生」編
日本文明を環境から解き明かす

続・日本文明誕生の地、奈良盆地の秘密 「アイデンティティー京都誕生」編

奈良盆地からの脱出

奈良盆地は、文明が誕生するすべてのインフラ、安全、水、エネルギー、そして水運を備えていた。

更に、奈良盆地は文明を膨張させ、発展させるエンジンも持っていた。豪雨と土砂崩れという自然の力を利用した新規開田が、奈良盆地で展開されていった。

その天国のような奈良から桓武天皇は脱出することとなった。西暦784年、桓武天皇は奈良盆地から出て長岡京に遷都し、その10年後の794年に長岡京から京都の平安京に再び遷都した。

いったい何が桓武天皇を奈良盆地からの脱出に駆り立てたのか。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.