> コラム > 水を制し、水を分かち合った武将ー武田信玄
日本文明を環境から解き明かす

水を制し、水を分かち合った武将ー武田信玄

026100-2

元国土交通省河川局長 竹村公太郎氏が、日本の歴史を環境・インフラ面から解き明かすコラムの記念すべき10回目は「甲斐の虎 武田信玄」。武田信玄が作った『信玄堤』にスポットライトを当て、『信玄堤』の意義や役割を解説し、いかに後世に影響を与え続けているかについて紹介する。

戦国時代の奇跡

1467年、応仁の乱が起こり、日本は下剋上の戦国時代に突入していった。徳川家康が天下を制するまでの150年間、日本列島の国土は乱れに乱れた。何しろ領土の奪い合いである。領土を整備して優良な土地にしても、いつ奪われるか分からない。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.