> コラム > なぜ、頼朝は辺境の地・鎌倉に?(その1)
日本文明を環境から解き明かす

なぜ、頼朝は辺境の地・鎌倉に?(その1)

1180年、源頼朝は関東の勢力を集め、平家に対して決起した。1185年、壇ノ浦の戦いで平家は滅びた。1192年、征夷大将軍に任命された源頼朝は、辺境の地であり防御に強い鎌倉に閉じこもってしまった。

辺境の地、鎌倉

歴史家たちは頼朝が鎌倉を本拠地にした理由を「平家の勢力が隠然と各地に残存していたから、鎌倉で守りを固めた」や「頼朝は朝廷との癒着を嫌い、朝廷たちの手練手管に陥らないよう京都から離れた」としている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.