植物工場 ― 現状と課題と

人工光型植物工場のイチゴ栽培 ― 技術課題や参入事例

  • 印刷
  • 共有
いちごを栽培するいちごカンパニーの植物工場
いちごカンパニーによるイチゴの植物工場

人工光型植物工場のイチゴ栽培

イチゴの栽培を目的とした人工光型植物工場に関する前回の記事では、イチゴの市場動向や品種の選定について解説したが、今回は技術課題や参入事例について紹介する。植物工場によるイチゴの量産施設分野では日本が世界を一歩リードしているが、技術課題も多く、生産・販売段階まで実現している企業はごくわずかである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300円(税込)
年額
15,600円(税込)

関連記事

イベント情報