植物工場 ― 現状と課題と

街づくりに応用される植物工場 ― 米国先進事例から

  • 印刷
  • 共有

農業という既存の枠組みを超えた最先端モデル

前々回ではニューヨークの屋上にて水耕栽培を行うレストランの事例を紹介したが、米国の都市部では、その他にも様々なタイプの施設園芸・植物工場が稼働している。まず、有名なプロジェクトとして、ニューヨークのハドソン川に設置された「サイエンス・バージ」をご紹介する。

サイエンス・バージの様子
風力・太陽光発電などのエネルギーを利用しながら、2棟の温室ハウスを運営。
葉野菜と果菜類のハウスがそれぞれ稼働している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300円(税込)
年額
15,600円(税込)

関連記事

イベント情報