植物工場 ― 現状と課題と

付加価値をつけて、成功する植物工場

  • 印刷
  • 共有

前回植物工場による透析患者をターゲットにした低カリウム野菜のメリットや生産事例などをご紹介したが、今回は低カリウム野菜の具体的な利用シーンや現状における課題について解説する。

日本において、安全で確実な人工透析治療が受けられるようになったのは数十年前からである。世界的にも人工透析の患者数は増加しているが、特に日本の患者数は世界でも最も多い。例えば、2010年末における日本国内の慢性透析患者数は29万7126人(日本透析医学会より)であり、患者数は毎年、約1万人のペースで増え続けている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300円(税込)
年額
15,600円(税込)

関連記事

イベント情報