> コラム > タイの農業事情からみる海外ビジネスの可能性
植物工場 ― 現状と課題と

タイの農業事情からみる海外ビジネスの可能性

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

タイの農業事情からみる海外ビジネスの可能性

人工光型植物工場は大きな注目を集めており、その将来性が期待されているが、人工光型植物工場ビジネスにおいて利益を上げている企業は、全体の1割程度である。農業生産において、その栽培形態は人工光型以外にも温室ハウスや露地栽培があり、農薬の扱い方によって有機栽培、無農薬栽培、減農薬栽培などに分類される。

さらに培地の種類(水耕・土耕・無機培地など)、栽培品目、生産エリアによって最適な栽培方法は異なる。また、農家によっては独自の理論・方法に基づいて栽培を行う場合もある。

(※全文:1,233文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

植物工場 ― 現状と課題と バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.