> コラム > ロボット・自動化技術による農業ビジネスの拡大
植物工場 ― 現状と課題と

ロボット・自動化技術による農業ビジネスの拡大

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

農業とテクノロジーの融合が光工学、機械工学、IT、エネルギー、遺伝子工学など各方面で進められている。今までの紹介記事では主に、農業におけるITの利用を中心に話を展開してきた。

現在のアグリビジネスでは、ITに加えてセンサー、カメラ、モニタリングシステム、取得されたデータに基づき栽培を管理するアルゴリズム(環境制御システム)、栽培自動化ロボットなど、工業で利用されている各種デバイスやシステムを組み合わせることで、農業にて実現可能な分野が拡大している。

(※全文:1,483文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

植物工場 ― 現状と課題と バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.