自然エネルギー・世界の潮流

中国で石炭と原発におきていること

  • 印刷
  • 共有

前回、紹介した中国のエネルギー計画では、石炭火力の発電量が2020年にピークを打つと想定されていた。しかし、その後、石炭消費量が昨年2014年に前年より減少したことに続き、2015年の最初の4か月間も更に2014年より減少している、というニュースが流れてきた。

一方、エネルギー計画では2050年まで増強が続くと見込まれている原発について、中国科学界の長老が公然と急速な建設計画に異を唱えたというニュースも伝わってきている。今回はインドの自然エネルギー政策を紹介するつもりだったが、予定を変更して、最近報じられたこの二つの出来事を紹介しよう。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事