自然エネルギー・世界の潮流

自然エネルギーの拡大とコスト低下は続く ― 2015年を予測する2014年導入量速報値

  • 印刷
  • 共有

自然エネルギーの伸びが止まらない。2014年世界全体で、太陽光発電は45GW(4,500万kW)以上、風力発電は50GW(5,000万kW)以上の導入量だったと見込まれている。

2015年1月に出されたエネルギーコンサルティング会社IHSの報告書『White Paper: Top Solar Power Industry Trends for 2015』によれば、当初は40から45GWの太陽光発電の年間導入を試算していたが、2014年9月の市場分析では上限の45GWが導入される結果になったと報告する。世界全体の太陽光発電容量は約185GW(約1億8,500万kW)に上ったことになる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事