自然エネルギー・世界の潮流

世界は自然エネルギー100%へ-化石燃料時代の終焉を告げた「パリ協定」-

  • 印刷
  • 共有

昨年末に開催されたCOP21は、世界の平均気温上昇の抑制目標として、産業革命前と比較して2度未満にすることを決め、更に努力すべきレベルとして1.5度目標も掲げた。

そして、これらの目標の実現に向けて、今世紀後半には実質的に温室効果ガスの排出をゼロにすることを「パリ協定」に盛り込んだ。温室効果ガスの大部分を占める二酸化炭素の排出をゼロにするためには、化石燃料を燃やし続けるわけにはいかない。世界は、産業革命以来の化石燃料の時代を終わらせ、自然エネルギーを中心とする時代へと向かうことを決めたのだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事