> コラム > 原子力発電と電力市場改革 - 米国の経験から
自然エネルギー・世界の潮流

原子力発電と電力市場改革 - 米国の経験から

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2月末に発表された「エネルギー基本計画」の政府案は、エネルギー政策の分野において、世界で起きている重要な変化を殆ど語ろうとしない。その最たるものが、一時、日本でも喧伝された「原子力ルネッサンス」の完全な破綻である。

自然エネルギー財団が2月に開催した国際シンポ「REvision 2014」で、バーモント・ロースクールのピーター・ブラッドフォード教授が行った基調講演「原子力発電と電力市場改革」は、米国の「原子力ルネッサンス」が、連邦政府などの熱心な政策的てこ入れにもかかわらず、全く成功しなかったことを紹介している。  ブラッドフォード教授は、スリーマイル島原発事故時に米国の原子力規制委員会の委員のポストにあり、その後、ニューヨーク州などで電力制度改革を所管する公益事業規制委員会の委員長を務めた。以下に、米国の原発政策と電力制度に精通したブラッドフォード氏の講演のエッセンスをご紹介する(講演資料及び講演動画―英語及び日本語―は、財団のホームページでご覧いただける。要約の文責は、本コラムの筆者にある)。

(※全文:2,009文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

自然エネルギー・世界の潮流 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.