新市場を切り拓く

「世界の太陽光市場は1000GW」新技術と生産能力増強で攻勢

シリーズ「新市場を切り拓く」第15回。太陽電池単結晶セル・モジュールの生産・販売で世界一を誇るLONGi。世界市場でのさらなる競争力の強化に向けて今後数年で生産能力を大幅に増強する計画を立てる一方、日本市場ではコストダウンや積極的なマーケティング戦略によるシェア拡大を図る。高い技術力、強固な財務基盤、充実した研究開発体制によって、同業界をリードする同社が描く今後の道筋と戦略とは。

大規模な生産能力増強で世界市場に攻勢をかける

2000年の創業時より一貫して単結晶シリコンに特化した事業を展開し、太陽電池単結晶セル・モジュールの生産・販売で世界一を誇るLONGi。中国の陝西省西安市に本社を置き、インゴット、ウエハからセル、モジュール、さらには太陽光発電システムに至るまで一連の製品・技術を市場に供給している。このように世界市場を席巻する同社が掲げる成長戦略とは。また、昨年進出を果たした日本市場での展開も気になるところだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報