> コラム > 『撤退』はない、日本市場がベース 全方位でバランスのとれた戦略を展開
新市場を切り拓く

『撤退』はない、日本市場がベース 全方位でバランスのとれた戦略を展開

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

シリーズ「新市場を切り拓く」第5回。兵庫県神戸市に拠点を置く、太陽光発電システムの総合メーカー、リープトンエナジー。モジュール、架台・基礎杭の製造販売から、パワコン等の周辺機器を含めたシステム提案、O&M、発電事業まで幅広く手がける。昨年、中国にモジュール工場を本格稼働させるなど積極的な展開を見せる同社の代表取締役社長である周鳴飛氏に2018年以降の戦略を聞いた。

(※全文:2702文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

新市場を切り拓く バックナンバー

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ