> コラム > 2050年・200GW導入に向けたブレイクスルーを
新市場を切り拓く

2050年・200GW導入に向けたブレイクスルーを

シリーズ「新市場を切り拓く」第17回。日本における太陽光発電普及の黎明期から、調査研究や広報・啓発活動、行政への提言を行ってきた太陽光発電協会(JPEA)。2017年6月に発表された『JPEA PV OUTLOOK』では、2050年の普及目標を200GWと打ち出し、太陽光発電の大量導入に向けたマイルストーンを示した。

(※全文:304文字 画像:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.