新市場を切り拓く

『太陽光+α』で100年企業を目指す

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第2回。創業50周年を迎えたサンテックパワージャパン。モジュール単体のビジネスモデルから脱却し、O&M、発電事業などでも再生可能エネルギー市場を牽引する存在だ。今後は、日本の品質・技術の強みを活かし、グローバル市場にも挑戦していく。

成果を上げ始めた『太陽光+α』戦略

サンテックパワージャパンは2017年7月、前身のMSKから数えて創業50周年を迎え、2016年に発表した事業戦略『太陽光+α』をさらに強化した。太陽光発電モジュール単体の販売に依存するビジネスモデルから脱却し、再生可能エネルギー(以下、再エネ)のトータルソリューション企業として、次の50年を見据え「100年企業」を目指すという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報