新市場を切り拓く

パワコンメーカーが考える商機「再エネ継続のカギは海外に」

シリーズ「新市場を切り拓く」第1回。買取価格の低下やそれに伴う初期投資コストの低減の動きなどを受け、日本の太陽光関連事業を取り巻く環境は一段と厳しさを増している。この大競争時代を勝ち抜き、再エネ事業を持続・拡大していくための戦略として田淵電機が掲げるのが海外進出である。海外市場で磨いたコスト競争力を武器に、国内ではパワコン&蓄電池による自家消費モデルの普及や通信での商機を狙う。

国内の太陽光発電システム導入量は減少傾向、海外に視野を向ける

住宅用パワーコンディショナ(以下、パワコン)国内累計シェアNo.1を誇る田淵電機。2015年に東証一部上場を果たしたが、買取価格低下により縮小傾向にある太陽光市場の影響を直接受け苦戦を強いられてきた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報