新市場を切り拓く

高出力・高品質モジュールを提供 目指すは太陽光の『インテル』

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第25回。日本に太陽光発電が普及しはじめて20年以上が経過したが、昨今はFITの下落、事業認定の厳格化、未稼働施設への買取価格減、電力会社による出力規制の実施など逆風が吹いている。そうしたなか、世界でも高いシェアを誇るLONGi Solar社が日本のマーケットを重視し、期待感を持つ理由とは何か。同社副社長の唐 旭輝氏に聞いた。

日本で長期的なビジネスを展開

――御社は世界各地で事業を展開しておりますが、世界市場と日本市場についてどのような見方をされていますでしょうか。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報