新市場を切り拓く

土壌再生のエンバイオHD、経験とネットワークで太陽光発電35MWを開拓

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第31回。土壌汚染対策を始めとする地盤の環境、エネルギーに関わる問題解決を担うグローバルな専門家集団であるエンバイオ・ホールディングス。上場企業でありながら社長や経営企画室室長が自ら発電所の草むしりにも行くなど、再生可能エネルギー事業を単なる「投資」としてみなしてきた事業者とは違う視点や地域貢献に対する想いについて聞いた。

株式会社エンバイオ・ホールディングス 経営企画室 室長 横溝 透修 氏
エンバイオ・ホールディングス
経営企画室 室長 横溝 透修氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報