新市場を切り拓く

総合商社・丸紅がバックアップ 太陽光発電事業での海外進出が容易に

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第30回。エネルギー需要が急速に増大する東南アジア、中南米などの発展途上国市場。日本ブランド、日本クオリティの評価が高く、尊重されている国々に、顧客目線でPVプロジェクトをアレンジする。

米国、日本、インドに次ぐ太陽光発電市場として期待のできる国々へ、日本国内で実績を上げてきた施工会社や発電事業者の進出の意欲が高まりつつある。その多くは、中堅の施工会社や発電事業者であり、日本で培った太陽発電所開発、施工のノウハウを活用して海外進出を目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報