新市場を切り拓く

徹底した顧客目線が強み 『FIT後』見据え、事業を多角化

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第14回。太陽光発電事業を中核に再エネを通じた電力エネルギービジネスを展開するエコスタイル。個人投資家向けの太陽光発電所の物件販売をはじめ、水力や小形風力地熱、バイオガス、新電力の業務サポートなど、事業の多角化を進める。同社代表取締役社長、木下公貴氏に、FIT後を見据えた戦略と同社の強みを聞いた。

自分たちの欲しいものを提供できる商品を

2004年に設立したエコスタイル。2008年、オール電化の販売を主業務としていた同社を木下公貴氏が引き継ぎ、エコスタイル代表に就任。国の補助金制度の開始と共に、太陽光発電事業をスタートした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報