新市場を切り拓く

機会に乗るか、失うか ― 再エネ100%で未来のチャンスを掴め

シリーズ「新市場を切り拓く」第22回。事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が参加する国際イニシアチブ『RE100』。現在、世界で137社以上が加盟するが、日本企業の加盟はいまだ10社以下(※)にとどまっている。世界の名だたる企業が脱炭素へ舵を切るなか、いま、『RE100』への加盟を宣言することのメリット、しないことのデメリットを、RE100総括責任者のサム・キミンス氏に聞いた。

ザ・クライメートグループ RE100総括責任者 サム・キミンス氏
ザ・クライメートグループ
RE100総括責任者
サム・キミンス氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報