新市場を切り拓く

変化する電力ニーズに対応し、新たな太陽光発電市場を創る

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第10回。FIT終了後を見据えたビジネスモデルが模索されている中、太陽光発電システムの開発・施工・販売事業を行うスマートソーラーは、「ニーズや市場は自ら作り出すもの」と自家消費型の再生可能エネルギーの拡大を目指す。日本の太陽光発電黎明期から市場を牽引してきた同社代表取締役、手塚博文氏に2018年度以降の事業戦略について話を聞いた。

稲盛氏から「ソーラーの宣教師たれ」と薫陶を受ける

スマートソーラー 代表取締役 手塚 博文 氏

スマートソーラー 代表取締役 手塚 博文 氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報