新市場を切り拓く

地域のニーズに応えるソリューションで企業価値高める

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第3回。市場のニーズに応じて太陽光、新電力、蓄電池システムと次々に新事業を立ち上げてきたアンフィニ。太陽光モジュールの分野では海外メーカーが日本市場に攻勢をかけ価格競争が激化しているが、同社は価格競争には参戦せず地域に必要とされる独自の製品を開発することで企業価値を形成し、市場でのポジショニング強化を図っていく方針だ。

国内での差別化戦略強化へ

エネルギーの総合企業として太陽光、新電力、蓄電池システムと次々に新事業ブランドを繰り出すアンフィニ。「東北復興支援の一助になりたい」という想いから昨年7月、福島県に結晶系で国内最大級となる太陽光電池生産工場を新設し、高機能・高品質・高効率のモジュールを国内外へと展開している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報