新市場を切り拓く

PVで農地を再生し、『自電自足』の町づくりに挑む

  • 印刷
  • 共有

シリーズ「新市場を切り拓く」第24回。耕作放棄地が増加するなか、農地を再生する営農型太陽光発電事業が注目を集めている。EPC・発電事業者である株式会社恒電社も同事業を軸に太陽光発電の普及を「使命」とし、エネルギー地産地消を活用した地域づくりを目指す。

美里町の耕作放棄地で営農型太陽光発電事業を開始

株式会社 恒電社 代表取締役社長 恒石隆顕 氏
株式会社 恒電社
代表取締役 恒石 隆顕 氏

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報