> コラム > 日本のパートナーと組み、世界のエネルギーマーケット開拓に挑む
新市場を切り拓く

日本のパートナーと組み、世界のエネルギーマーケット開拓に挑む

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

シリーズ「新市場を切り拓く」第23回。世界有数の太陽光モジュール原料・製品メーカーとして知られるGCLグループ。今年に入り、ソフトバンクや三井物産などと相次いで合弁会社を設立し、話題になっている。日本市場へはFIT法施行前の2009年から進出しているGCL。グループ会社の一つであるGCL System Integration Technology Co., Ltd.代表のEric Luo氏に、日本と世界における今後の太陽光マーケットの展望について聞いた。

日本は大きなマーケットの一つ

(※全文:1958文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.