エネルギーコスト削減メソッド

エネルギー消費量の多い空調機器の熱負荷軽減対策を考える(機器別分析11)

※画像はイメージです
※画像はイメージです

前回引き続き、エネルギー消費量が多い空調機器を管理することが重要であるために、空調機器の消費エネルギー削減方法を述べる。今回は前回の空調システムの分類から、単一ダクト方式の特徴をさらに詳細に述べる。

長所と短所について

単一ダクト方式とは、中央機械室へ設置した空調機より空調した空気をダクト1本で各室やゾーンへ常時一定風量で熱輸送する方式であり、以下のような長所と短所がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報