> コラム > エネルギー消費量の多い圧縮機のエネルギー負荷軽減対策を考える(機器別分析34)
エネルギーコスト削減メソッド

エネルギー消費量の多い圧縮機のエネルギー負荷軽減対策を考える(機器別分析34)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回に引き続き、圧縮機について消費エネルギー削減という観点から述べる。今回は、空気を圧縮するのに必要な動力について述べる。

関連技術用語

必要な動力を求めるために用いる技術用語として、空気のポリトロープ指数、理論吸込空気量、圧力・容量線図について述べる。

空気のポリトロープ指数

ポリトロープとは、流体の状態を表す関係式である。使われる分野によって違いがある中で、熱力学においてポリトロープとは、気体のほぼ断熱の熱準静的過程の一種で、摩擦、放熱などの若干の損失をともなう装置における過程で用いられる関係式である。

(※全文:1834文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

エネルギーコスト削減メソッド バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.