エネルギーコスト削減メソッド

省エネと快適性を実現するため室内環境のゾーニングが必要(機器別分析8)

※画像はイメージです
※画像はイメージです

前回に引き続き、エネルギー消費量が多い空調機器を管理することが重要であるために、空調機器の消費エネルギー削減方法を述べる。今回は空調機器のエネルギーマネージメントのシステム化プロセスについて述べる。

室内環境のテーブル化の概要

前回に述べたように、本来は空調機器の空気調和状況を最適化するためには、h - x線図にて検証する必要がある。h - x線図にて検証するためには、乾球温度、湿球温度、湿度の情報が必要で、実際の室内環境で用いるのは現実的ではない。そこで、あらかじめ外気温と湿度というパラメータに対する適した室内気温をテーブル化しておくことで代替とする。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報