エネルギーコスト削減メソッド

エネルギー消費量の多い圧縮機のエネルギー負荷軽減対策を考える(機器別分析30)

※画像はイメージです
※画像はイメージです

前回に引き続き、圧縮機について消費エネルギー削減という観点から述べる。今回は、回転式空気圧縮機のシングルスクリュー形と、スクロール形の説明を行う。

シングルスクリュー形の概要

前回説明したツインスクリュー形は、遠心型と比較して高圧縮比が可能で、往復圧縮機と比較して振動が少ないという特徴があった。シングルスクリュー形も同じ特徴を持つ圧縮機である。中央に6本の溝を持つ1つのスクリューロータと、左右に直交する11枚の歯を持つゲートロータが2つあり、歯がかみ合っている。スクリューロータが回転することで、ゲートロータが回転し、シリンダの体積を変化させる。 1960年にフランスのベルナール・ジメルヌによって発明された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報