エネルギーコスト削減メソッド

エネルギーコスト削減で企業競争力アップ 機器別分析(その4)―空調機器

※画像はイメージです
※画像はイメージです

前回に引き続き、エネルギー消費量が多い空調機器を管理することが重要であるために、空調機器の消費エネルギー削減方法の中で、今回は外壁貫流熱対策について述べる。

外壁貫流熱について

空調機の省エネルギー対策では、外部からの熱流入への対処について常に直面する課題点である。省エネルギー対策を求められるのは既存の建物が多く、建物構造や外壁の改修まで対策実施は難しい。そのような場合でも、空調機のエネルギー消費に対する影響要因を数値的に判断することで、適確な省エネルギーソリューションを導き出すことが可能となる。特に、対象箇所での調査が、冷房負荷や暖房負荷の小さい中間期の場合は、空調機器の消費エネルギーに影響を与える要因分析は推定せざるを得ないが、熱負荷を正しく判断するために、外部からの熱流入の把握が必要である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報