風力を活かせ!

一本風車打法

  • 印刷
  • 共有

メガソーラーと風力 利益の生み出し方の違い

近年、風力発電所は徐々に大型化している。黎明期は小さい風車が一本二本、その後日本初のウィンドファームが1000kWが20本で2万kW、その後も2万kW、5万kWと大型化して現在は7.8万kWが最大となる。本数も20本、30本を一箇所の場所に設置される。

これは規模のメリットを最大限生かして、利益の絶対額を大きくする、という考え方に基づいている。それは逆に徐々に大型化しないと利益が出にくい構造物になりつつあるとも言えるかもしれない。(実際に数万ボルトの送電線を最寄りの電力会社の送電網につなぐのだが非常にコストがかかってしまい、その距離がだんだん伸びている)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報