風力を活かせ!

「風ニモマケズ」

  • 印刷
  • 共有
三重県・青山高原の風力発電・ウインドパーク笠取の風車落下事故現場

三重県・青山高原の風力発電・ウインドパーク笠取の風車落下事故現場。風速30m以上の強風で、グラスファイバー製の羽根(長さ約40m)3枚のうち1枚は、発電機などとともに支柱から南東約10mの斜面に落下。2枚は、婉曲した支柱(高さ約65m)に絡むように直下に落下した

最近、風力発電所で重大事故が相次いでいる。それも、日本の風力の歴史の中でも経験したことがない事故だ。 (今年3月に京都太鼓山の風力発電所でオランダ製750kW風車1基がナセル(風車てっぺんにある発電機室)の落下事故、4月には三重県笠取山で日本製2000kW風車が同様に落下)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報