> コラム > 風力発電 激動の昨年が与える影響
風力を活かせ!

風力発電 激動の昨年が与える影響

(1)固定価格買取制度始まる

2012年の一番のトピックスはやはり固定価格買取制度の導入だろう。しかも、設定された価格はかなり高い水準(23.1円/kWh;税込)となった。当初の固定価格買取制度の想定は15~20円/kWh、15~20年のレンジで進んでいた事を踏まえるとやはり恵まれた価格と言えるだろう。

(2)既存風力発電所も固定価格買取制度の対象に

当初、既存風力発電所は固定価格買取制度ではなく従来のRPS制度を存続させる事でこれまでの価格を維持できる予定であったが業界の強い要望(ロビー活動もあった)により、初期投資の補助金を計算式で調整されるがこれまでの買取価格と比べると二倍弱の価格となった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %

この記事の著者

斉藤 純夫(さいとう・すみお)
ウィンドコネクト代表取締役

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.