風力を活かせ!

風力発電 激動の昨年が与える影響

(1)固定価格買取制度始まる

2012年の一番のトピックスはやはり固定価格買取制度の導入だろう。しかも、設定された価格はかなり高い水準(23.1円/kWh;税込)となった。当初の固定価格買取制度の想定は15~20円/kWh、15~20年のレンジで進んでいた事を踏まえるとやはり恵まれた価格と言えるだろう。

(2)既存風力発電所も固定価格買取制度の対象に

当初、既存風力発電所は固定価格買取制度ではなく従来のRPS制度を存続させる事でこれまでの価格を維持できる予定であったが業界の強い要望(ロビー活動もあった)により、初期投資の補助金を計算式で調整されるがこれまでの買取価格と比べると二倍弱の価格となった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報