風力を活かせ!

風力送電網整備に250億円! ― 風の通り道、風の電気の通り道(1)

2013年度の政府予算案にて、経済産業省が概算要求した風力発電の送電網整備(北海道・道北地区)250億円が決定し、風況が非常によいが送電線が脆弱で風力発電の新規建設が難しい道北(宗谷・留萌)の送電線を強化することになった。

風力発電の為の送電線を敷設する。これは日本では初めての試みだ。今回のモデルはちょっと変わっている。このような送電線は電力会社、あるいは国が引くというのが、イメージしやすい。また、風力発電所が電力会社の送電線(特別高圧送電線)と離れている時に、風力発電事業者が自営線を引く例もある。どちらも、シンプルなモデルだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報