> コラム > 風力送電網整備に250億円! ― 風の通り道、風の電気の通り道(1)
風力を活かせ!

風力送電網整備に250億円! ― 風の通り道、風の電気の通り道(1)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2013年度の政府予算案にて、経済産業省が概算要求した風力発電の送電網整備(北海道・道北地区)250億円が決定し、風況が非常によいが送電線が脆弱で風力発電の新規建設が難しい道北(宗谷・留萌)の送電線を強化することになった。

風力発電の為の送電線を敷設する。これは日本では初めての試みだ。今回のモデルはちょっと変わっている。このような送電線は電力会社、あるいは国が引くというのが、イメージしやすい。また、風力発電所が電力会社の送電線(特別高圧送電線)と離れている時に、風力発電事業者が自営線を引く例もある。どちらも、シンプルなモデルだ。

しかし、今回のケースはやや複雑になる。
「風力発電の送電を行う会社」が設立されるのだ。

(※全文:304文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力を活かせ! バックナンバー

この記事の著者

斉藤 純夫(さいとう・すみお)
ウィンドコネクト代表取締役
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.