風力を活かせ!

送電線争奪ウォーズ― メガソーラーが風力、バイオマスを潰すのか?

  • 印刷
  • 共有

空前のメガソーラーブーム

固定価格買取制度が開始して、空前のメガソーラーブームが起こった。そして、それは送電線・配電線の奪い合いの様相を呈している。

特に1~3ヘクタール程度の土地があればできる1,000~2,000kWのメガソーラーは開発が比較的容易であり、開発コストも軽微であるため、膨大な数のメガソーラー計画が存在し、電力会社に系統 連系協議が勧められている。この規模の接続は配電線(電柱の送電線;6,600V)となる(それ以上の規模は配電線の制約で鉄塔の送電線;66,000Vとなり受変電設備のコストが大きくなる)。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報