> コラム > 環境アセスで風力発電業界再編が起こる 開発案件は超大型、小型の二極化へ
風力を活かせ!

環境アセスで風力発電業界再編が起こる 開発案件は超大型、小型の二極化へ

2012年10月に環境アセスメント法が改正され風力発電も環境アセスメントの対象となった。

規模は第一種1万kW以上、第二種7500kW以上となり(図1)、最近の大規模風力発電所は数万kWの規模であるため、ほぼすべてが法アセスの対象となった。

図1:環境影響評価法 風力発電所に関わる事業区分

図1:環境影響評価法 風力発電所に関わる事業区分

アセスメントでは、大規模火力発電所(火力1種は15万kW以上)と同じレベルのものを要求される。環境への影響について、騒音、シャドーフリッカー(風車の影の明滅)、景観、鳥類等の動物、植物、生態系、土壌、水環境など多岐にわたって調査・予測し、その結果を公表して一般生活者、地方公共団体などから意見を聴き、よりよい事業計画を作り上げていくという制度である。

各発電所の事業区分

各発電所の事業区分

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.