風力を活かせ!

環境アセスで風力発電業界再編が起こる 開発案件は超大型、小型の二極化へ

2012年10月に環境アセスメント法が改正され風力発電も環境アセスメントの対象となった。

規模は第一種1万kW以上、第二種7500kW以上となり(図1)、最近の大規模風力発電所は数万kWの規模であるため、ほぼすべてが法アセスの対象となった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報