風力を活かせ!

立ち止まる風力発電

固定価格買取制度が始まり、いよいよ3年目になる。再生可能エネルギーを普及させるために、いわば事業収益を国が保証する、そのような制度が生まれ、日本の再生可能エネルギーは飛躍的に増大する、そのような期待がされていたように思う。

しかし、現実はどうだっただろうか、買取対象となった再生可能エネルギーは、太陽光風力、小水力、地熱、バイオマス発電であるが、飛躍的に伸びたのはメガソーラーに代表される太陽光発電ばかりだった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報