見えてきたスマートグリッドの現実

「電力大改革時代」に必要なスマートグリッドの「プランB」(4) ~イギリスにおけるスマートグリッドの「プランB」の展開~

今回は、イギリスにおけるスマートグリッドの「プランB」の展開についてご紹介します。

UKパワーネットワークスがスマートな電力網を構築中

イギリスの首都ロンドンは、イギリス国内で最も電力需要が大きく二酸化炭素(CO2)排出量の多い都市であり、市当局としては、2025年までに1990年比でCO2を60%削減するという、国内で最も高い目標を掲げています。この目的を達成するため、ロンドンを含む東イングランドにおいて約800万戸の顧客を持つ配電事業者UKパワーネットワークスが、電力・ガス規制機関オフジェム(Ofgem)の「低炭素ネットワークファンド」から総額2億4,260ポンド(1ポンド=約130円)の支援を受けて、「低炭素ロンドン」プロジェクトを推進しています。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報