見えてきたスマートグリッドの現実

アメリカと日本のディマンドレスポンス最前線(9) ~世界最大の需要応答企業「エナーノック」のビジネスモデル~

  • 印刷
  • 共有

今回は需要応答(ディマンドレスポンス)の最前線第9回目として、世界最大の需要応答企業であるエナーノックのビジネスモデルについてご紹介したいと思います。

エナーノックは1万3,000事業者を対象

アメリカでは、10月16日の連載でご紹介したように、「アグリゲーター」(需要応答プロバイダー)と呼ばれる事業者が急成長していますが、エナーノック(EnerNoc)とコンバージ(Comverge)がアメリカの2大プロバイダーです。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報