見えてきたスマートグリッドの現実

アメリカと日本のディマンドレスポンス最前線(11) ~実用化に向けた中部電力の取り組みと政府の今後の方針~

  • 印刷
  • 共有

今回は需要応答(ディマンドレスポンス)の最前線第11回目として、豊田市で開始されている中部電力の最適な需要応答サービスの開発についてご紹介したいと思います。また併せて、政府の需給検証委員会が2013年以降の需要応答に関する基本方針を出しましたので、それについても解説したいと思います。

【項目の目次】
1.中部電力は最適な需要応答サービスを開発中
2.フラットレートと3時間帯別電灯の2つの場合に検証
3.政府の需給検証委員会は、2013年以降需要応答は必要と結論

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報