見えてきたスマートグリッドの現実

スマートグリッドの「プランB」とは具体的に何か?(その1)~市場、技術、政策・制度の三位一体のアプローチ~

  • 印刷
  • 共有

今回は、スマートグリッドの「プランB」の具体的な内容について解説します。

「プランB」は、市場、技術、政策・制度の三位一体のアプローチ

スマートグリッドの「プランB」とは、技術のみならず、市場、技術、政策・制度の3つを三位一体として考え、この3つのインターアクションにより「ビジネスモデルの革新」を促し、企業の期待収益率の向上、アニマルスピリットの高揚等を図り、イノベーションを創造するアプローチです。これは、連載12でご紹介したアメリカのEPRIが提唱する「社会的要請の特定が先、技術はその次」(Requirements First,Technology Second)のアプローチに他なりません。イノベーションによる雇用の創出も目的としています。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報