見えてきたスマートグリッドの現実

スマートグリッドの「プランB」とは具体的に何か?(その2)~第1の波と第2の波の具体像とエコポイントの役割~

  • 印刷
  • 共有

第1の波と第2の波において登場するサービスプロバイダー

連載12で指摘した「イノベーション政策」としてのスマートグリッドの効果をフルに発揮させるためには、スマートグリッドのプラットフォームをオープンな構造にして、新産業・新ビジネスの創造力を高めることが必要です。

第1の波と第2の波においては、「エネルギーサービスプロバイダー」と「情報サービスプロバイダー」の2種類が登場し、図2のように、この2つのサービスプロバイダーとスマート顧客(需要)、スマート電力(供給)よりなる四極の構造が形成されてくることになるでしょう。「エネルギーサービスプロバイダー」と「情報サービスプロバイダー」の両者を兼ねる事業者である「スマート・サービスプロバイダー」も出現し、統合されたサービスを提供するでしょう。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報