見えてきたスマートグリッドの現実

スマートグリッドの働きと効果(その2) ~電気自動車との接続など新サービスの開発~

  • 印刷
  • 共有

新しいサービスが生まれる

今回は、スマートグリッドの導入効果のうち、とくに産業界の期待が大きい新サービスの開発について解説します。連載その7で述べたスマートグリッドの導入効果に関するリストでは、「5.電気自動車との接続など新サービスの開発」に関してです。

いま見えているサービスの1つに、ビーグル・ツー・グリッド(V2G)があります。電気自動車(EV)やコンセントから充電できるプラグインハイブリッド車などの蓄電池を積んだ次世代自動車をスマートグリッドに接続し、自動車で発電した電気の余った分を家庭用電源に使ったり、電力会社に売ったりして、有効活用するものです。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報