見えてきたスマートグリッドの現実

スマートメーターに15.5%のピーク電力抑制効果

  • 印刷
  • 共有

今回の需要応答(ディマンドレスポンス)の最前線第14回目は、政府による「スマートメーター大規模導入効果実証実験事業」を取り上げます。

項目としては、1.双方向通信機器と電子式メーターを組み合わせたものを設置、2.見える化のみを行う家庭と比較したピーク電力の抑制率を計測、3.見える化のみに比して▲10%~▲15%のピーク電力抑制効果、4.2013年夏に向けての展望、の4つです。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報