見えてきたスマートグリッドの現実

アメリカと日本のディマンドレスポンス最前線(8) ~「エコーネットライト」国際標準化へ~

  • 印刷
  • 共有

今回は需要応答(ディマンドレスポンス)の最前線第8回目として、通信規格としての「エコーネットライト」など、需要応答を含むスマートハウス規格の国際標準化のための日本の取り組みをご紹介したいと思います。

経済産業省の「スマートハウス国際標準化研究事業」

経済産業省は、需要応答を含むスマートハウス規格の国際標準化を推進しています。同省の「スマートハウス国際標準化研究事業」がそれで、スマートメーターやエアコン、照明などの宅内外機器と連結する日本の通信規格である「エコーネットライト」とアメリカで策定中の標準規格「SEP」などとの融合を実現するための技術実証を、スマートコミュニティ地域実証事業を行っている国内4地域(横浜市、豊田市、けいはんな学研都市、北九州市)と連携しつつ、12年度から14年度までの3年間で集中実施するものです。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報