見えてきたスマートグリッドの現実

電気事業法改正案の国会提出と東電改革の行方

  • 印刷
  • 共有

今回より連載の新シリーズとして、「電力システム改革とスマートグリッド『プランB』」をテーマとして取り上げます。今回はその第1回目として、「電気事業法改正案の国会提出と東電改革の行方」です。

項目としては、1.国により電力システム改革が推進され、「電力大改革時代」が到来する、2.電力会社自身によるビジネスモデルの歴史的転換等が必要、3.注目される東京電力の改革の行方、4.「点」だけを対象にした従来のスマートグリッド推進戦略は見直しが必要、です。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報