> コラム > GHG削減へCCAC 拠出による発言力とメリットをつかめ
気候変動交渉の現場から

GHG削減へCCAC 拠出による発言力とメリットをつかめ

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2009年をピークに気候変動の交渉への熱が冷めてきている。 その後の交渉で「2015年までに、2020年以降の国際枠組みに合意する」という合意が出来たものの、その具体的な内容はまだこれからの交渉に委ねられている。

交渉官でもある私としては、「交渉は着々と進んでいます」と申し上げたいところだが、実質的な取り組みについて決まるのは、仮に予定通り2015年末までに「新しい合意(議定書)」が合意されたとしても、「それをどう実施に移すか」といった実施規定についての交渉がまだ数年は続くことになる。

(※全文:2831文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

気候変動交渉の現場から バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ